ISUZU いすゞエンジニアリング株式会社
業務内容企業情報採用情報お問い合わせ
HOME > 業務内容INDEX > 装置設計

装置設計

概要

トラックのさまざまな装置設計を行っております。

業務内容

【コントロール部品設計】
国内および輸出トラックのトランスミッションコントロール(チェンジレバー、ケーブル)、パーキングケーブル、エンジン コントロール(アクセルペダル、アクセルケーブル)の設計業務を行なっております。
いすゞ自動車から提示された車両仕様や、大まかな機器類の配置情報を元に、関連部署(他設計部署、製造部、評価部署)と 協業し、これらの詳細レイアウト検討・CADデータや解析を駆使した部品設計業務を行なっています。
担当しているコントロール部品は、操作に直接関係する部品であるため、その性能はお客様が『直接触って』『感じる』という 操作フィーリングに影響します。各部品の品質確保はもちろんのこと、操作フィーリングを実際に車両で確認しながら設計業務 を行うなど、幅広い知識と高いエンジニアリングスキルにより、お客様に高い信頼性と快適性を提供いたします。

【キャブ設計】
いすゞ自動車との長年に渡る強い信頼関係を活かし、特定車型のキャブ設計業務を行っております。
ボディパネルやドア,インテリア部品など車体に関わるあらゆる部品について、コストや生産性はもとより、デザイン条件や空力,室内レイアウト等、エンジニアは車体開発の初期から設計に携わっています。
お客様が直接触れる部分を設計するため、常に快適に使用していただけるような設計を心掛けております。

【機構設計】
ピックアップトラックのシャシの主要機構部品である、アクスル,サスペンション,ブレーキ装置の設計業務を行っております。
これらの装置は、車両を支える重要な構成部品です。
エンジニアは、お客様のニーズにマッチした機能を確保するため、性能,レイアウト,強度剛性解析等の検討を重ね、最適な 部品設計を目指しております。

作業風景1

作業風景2

動画

ページTOPへ
業務内容
車両設計
配線設計
配管設計
装置設計
CAE
図面管理
部品・架装・認証技術
エンジニア派遣